2010年01月31日

レベルが高い人のやっつけ仕事

2512743251_094a97b9ed.jpg
Eva is writing / Pingu1963

前々回のエントリーのエントリーを書いているとき、Lifehacking.jpにて「メールの文章が雑な人は実は仕事ができる?」という記事がエントリーされました。

「打ち間違いも漢字の変換間違いもそのままというメールを書く人って、実はとても仕事ができる人なのではないか?」といった内容です。

これには困りました。私の前々回のエントリーは「メールの本質は本文。時間をかけてでもしっかり書こう」というものです。しっかり書くために読み直したりしていれば、誤字脱字は気付くもの。ちょっと怯んじゃいましたよ。

しかし、よくよく読んでいるとmehoriさんのいう「仕事のできる人」と、私が考えていた「仕事のできる人」の間には大きな違いがあることに気付きました。

私のイメージは、せいぜい「そつなく仕事をこなす人」レベル。
一方、Lifehacking.jpでは「天才・奇才」のレベルを想定しているようなのです。

ところで、どうして天才さんが打ち間違いが残ったままのメールを出すのでしょうか。おそらくこの人は書いたメールを読み直していないんだと思います。仕事のやり方としては、雑だと言っちゃっていいですよね?
続きを読む
ラベル:MJ メール
posted by でーすけ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフハック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

過去の“ゾーン”を借りてくる方法

2305014100_cc97d5760b.jpg
One / pincusvt

R-styleにて「朝の棚卸しとゾーンについて」という記事がありました。

ゾーンを作り出すには同じような環境で動作を何度も繰り返すことが必要といえると思います。何度も繰り返す中で、不必要な思念が削り取られ、本当に考えるべき事だけに考えを集中することができる状況を生み出す事ができます。

イチロー選手が打席に立つ時、儀式とも言える一連の動作がありますよね。まさにアレです。

手帳を見ながら朝一番に集中力を高められれば理想的ですよね。
しかし、「今すぐ高いパフォーマンスを発揮しなければ!」というような緊急事態に陥ることも少なくありません。火事場の馬鹿力が発揮されれば良いのですが、焦るばかりで仕事が手につかないこともしばしば。

そんなときに使えるテクニックを思い出したのでメモっときます。
「過去のゾーン状態を借りてくる方法」です。
続きを読む
posted by でーすけ at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドハック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

メールハック棚卸し(1) 送信する=メールを書く

262703925_b28f03e406.jpg
Art History / Charline Tetiyevsky

そもそも、メールを送信する理由はなんでしょう。

・会議の時間を知らせるため。
・仕事の結果を報告するため。
・何か仕事をしてもらうため。

……などなど。
例を挙げればきりがないのですが、まとめると「相手に情報を伝えるため」と言えるでしょう。「会議の時間」も「仕事の結果」も情報ですし、「仕事をしてもらう」のも業務指示という情報を伝えています。

メールを送信する=情報を伝える

では、この大前提をふまえて、以下のありがちな(?)メールを読んでみてください。
続きを読む
ラベル:IME辞書 メール
posted by でーすけ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフハック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

メールハックを棚卸ししてみる <はじめに>

279181981_89eb6f160e.jpg
Facing Foreclosure with A Sea of Mail / Casey Serin

職場のカイゼン活動の一環として、メール効率アップのための勉強会が開かれることになり、私が講師をすることになりました。

大量のメールを持て余し、メールソフトのフォルダ管理方法を調たのが数年前のこと。そのときにこのページを見つけてライフハックにハマったんですよね。懐かしい!

今回の勉強会のターゲット設定は、「GMailって何?」な人です。そんな職場だからこそ、下っ端ライフハッカーの私でも講師ができるワケですが、そもそも私はどれぐらいメールソフトを効率よく使いこなせているんでしょうか。

次回以降、以下に挙げたメールの3つの機能に沿って、メールソフトの使い方を徹底的に見直してみようと思います。

【1】送信する=メールを書く
【2】受信する=メールを読む
【3】過去メールのデータベース=メールを探す


今回のところは、前書き代わりに前提条件について書いときますね。

<条件>
・Webメール禁止
 →セキュリティの関係上、Webメールは禁止されています。
  GMailが使えれば、話が早いんですけどね。

・有料のメールソフトを新たに購入しない。
 →このご時世ですからね。ライセンス管理の関係上、自分で買うのもNG。
  無料、もしくはすでにライセンスを買っちゃっているソフトしか使えません。

・メール効率化のために、他のソフトをインストールしない。
 →クリップボード管理とか定型文入力のソフトを入れていると楽だと思うんですけど、メモリの関係上、常駐ソフトは必要最小限に絞っています。

さあ、次回から頑張るぞー。
ラベル:メール
posted by でーすけ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフハック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

年始のご挨拶

4233056347_0a4c870084.jpg
a happy new year / torisan3500

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

……遅すぎますか? 遅すぎますね。

年末に総括っぽいことを書こうと思っていたんですけどね。家でブログを書く時間が作れませんでした。わかっていたことではありますが……。今年も会社の昼休みに書いて休日にアップするスタイルで続けます。

話は変わりますが、会社の新年会で2010年の抱負をスピーチさせられました。

私はもともと「よし、今年は○○をやるぞ!」みたいに決意をするようなタイプの人間ではありません。「今年の目標」なんて苦手中の苦手です。

でも、新しいことをしていないわけではありません。昨年だと、東京マラソンを目標にして半年ほどジョギングを続けました。結果的には抽選に外れた挙げ句、ステップアップ用にエントリーしたハーフマラソンで膝を故障する体たらくではありましたが、「運動の習慣をつける」という挑戦は成功したと思っています。

iPhoneを買ってみたこともそうですし、会社での仕事のやり方などは、かなり頻繁に新しい方法を試しています。

そう考えると、私が「今年の目標」を苦手とする理由は、「年始だから」という理由で目標を立てるのが苦手なんでしょうね。

思い立ったが吉日。

決意なんてしたいときにしたらいいし、それを周りに表明することが自分にとってプラスになるなら、そのタイミングで表明したらいいじゃない?

方向性だけしっかりと持っていれば、そして「昨日の自分と違う自分になる」ことを忘れなければ、“決意”なんて肩肘を張らなくても、しっかりと前に進めるんじゃない?

目標を立てられない人間の言い訳に過ぎませんが、基本的にはこんなスタンスでやってます。

さて、スピーチの話。

「思い立ったら吉日。新しいことに億劫にならず、いろいろなことにチャレンジしたいと思います」

という趣旨のことを話しました。

目の前に座っていた偉いサンは、私の顔をズーッと睨み付けるように見ていたんですけど、スピーチが気に入らなかったんですかね。ウソでもいいからもっと景気がいい目標をぶちかました方が良かったかな?
posted by でーすけ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts with Thumbnails
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。